Tag: 脳血管性認知症

同居する家族が認知症になった時、どのようにそれを受け入れればよいのか?

認知症には多数種類がありますが、多いのがアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症。脳血管性認知症は脳梗塞を理由として発症する認知症ですから。父のような一度脳梗塞になった人は再発率も高いので、私も決して油…



認知症は接し方によって症状が良くも悪くもなる。言葉以外のコミュニケーションを大切に

脳梗塞で倒れた場合、発症具合によっては認知症の症状が後遺症として残る場合があります。いわゆる「脳血管性認知症」というものです。 認知症は症状が重いと日常的な会話が通じなくなり、健常者からするともどかしく思ったり、いらいら…



在宅介護で要介護者に認知症の兆候が表れた場合、まずどこに相談すればよい?

脳卒中で倒れて在宅介護を受ける生活を始めると、元気な頃よりも体の運動量が減り、心身機能を鍛え維持する機会がそれだけ乏しくもなってきます。 私の父も、脳梗塞で倒れるまでは散歩に出かけることも多かったのですが、病後は後遺症が…



認知症のタイプとその発症原因を紹介。認知症が起こるメカニズムとは?

脳梗塞、脳出血などの脳内の血管疾患系の病気は、症状の状況次第では認知症を発症することもあります。 脳内の各部位は人間の思考、言語、身体など様々な機能を司っていますが、認知機能を司る場所が血管疾患によって損傷を受ければ、や…



脳血管性認知症の介護に活用できる認知症対応型通所介護。地域密着型サービスの一つ

脳梗塞、脳出血の後遺症の一種として起こるのが脳血管性認知所。発症している人は非常に多く、全認知症発症者の15~20%がこの脳血管性認知症だと言われています。 現状、日本人の認知症発症者数は500万人以上はいるといわれてい…



老人ホームを脳梗塞を患った人が選ぶ際の注意点・・・必要な医療サポート、認知症の有無など状態に合わせた施設選びが必要

私の父は脳梗塞で倒れ、ひどい後遺症が残ってしまいました。しかしそれでも何とか在宅で介護できるほどの後遺症にとどまり、住み慣れた自宅に戻ることができました。 場合によっては今よりもはるかに悪い状態に陥り、自宅での介護が難し…



グループホームで訪問看護を受けられる施設なら、健康管理面でも安心して生活できる

脳梗塞や脳出血を原因とする認知症は「脳血管性認知症」と呼ばれています。 いわゆる認知症というと、アルツハイマー型認知症を指す場合が多いです。これは加齢と共に脳内に悪玉タンパク質が蓄積し、それによって脳細胞が破壊され、認知…



脳血管性認知症の特徴について紹介・・・アルツハイマー型認知症とは異なる症状も出る

脳の血管が詰まってしまう脳梗塞は、詰まる場所によっては認知症と同様の症状をもたらすことがあります。 幸い父はそうなりませんでしたが、脳梗塞によって認知機能を司る脳細胞が死んでしまったら、認知症になってしまいます。専門用語…



脳梗塞が原因で起こる脳血管性認知症。脳梗塞予防が認知症予防にもなる

脳血管性認知症とは・・・ 父は大丈夫だと思うのですが、脳梗塞によってもたらされる症状の一つに、認知症があります。父はいまのところ認知症の症状は出ていないので、そこまでの大事には至っていないとは思います。しかし脳梗塞、ある…