Tag: 後遺症

老人ホームとは別のサービス付き高齢者向け住宅とはどんな施設? 脳梗塞の後遺症を持っている人も生活しやすい

高齢者向けの入居施設というと、誰もが思い出すのは「老人ホーム」でしょう。特に特養は全国で50万人以上の高齢者が生活している場所であり、代表的な高齢者向け施設だと言えます。 ただ高齢者の入居先となるのは老人ホームばかりでは…



長嶋監督を襲った心原生塞栓症という脳梗塞。心臓で生じた血栓が脳の血管を詰まらせる

日本人にとって恐ろしい病気になりつつある脳梗塞。重度の場合は生命の危機をもたらしますし、中度でも後遺症が残り、軽度の場合でも再発によってより重度化するリスクがあります。 ただ脳梗塞と一口に言っても、大きく分けてラグナ梗塞…



認知症は接し方によって症状が良くも悪くもなる。言葉以外のコミュニケーションを大切に

脳梗塞で倒れた場合、発症具合によっては認知症の症状が後遺症として残る場合があります。いわゆる「脳血管性認知症」というものです。 認知症は症状が重いと日常的な会話が通じなくなり、健常者からするともどかしく思ったり、いらいら…



リハビリに頑張って機能改善を果たせば、介護費用の節約につながる。リハビリに頑張る動機付けになる⁉

脳梗塞の後遺症に対しては、発症し退院後のリハビリ、機能訓練が重要になってきます。私の父は寝たきりの状態が続いていますが、人によってはリハビリの成果が出て、日常生活を送る力を随分と取り戻す人も多いです。 在宅でのリハビリで…



脳梗塞の後遺症で寝たきりになっている人にとって、難聴は大敵。もし患った場合は速やかに対策を

脳梗塞で重い後遺症が残ると、離床時間が短くなるほど体が言うことを聞かなくなり、また言語障害も出ることもしばしば。ただ認知機能自体がダメージを受けていないなら、人の話を聞く、話そうとする、といことはある程度できるでしょう。…



脳梗塞の後遺症で大変になる日々のトイレ。周りの家族はトイレの失敗に過剰に反応しないようにすべき

脳梗塞を患うと後遺症を持つことになる場合も多いです。父のようにほぼ寝たきり状態で在宅介護を受けるようになることもあれば、ある程度体は動かせるものの、以前のようにスムーズに体を動かせなくなることもあります。 こうした状態に…



冬場に気を付けないといけないヒートショック。脳梗塞を一度発症した人は特に注意

今週末、日本全国に寒波が到来し、今冬一番の寒さとなっています。日本海側では大雪が積もり、雪よかしの作業がピークを迎えているようです。 こうした寒さが厳しくなると、入浴時に注意しないといけないのがヒートショック。毎年、実際…



脳血管性認知症の介護に活用できる認知症対応型通所介護。地域密着型サービスの一つ

脳梗塞、脳出血の後遺症の一種として起こるのが脳血管性認知所。発症している人は非常に多く、全認知症発症者の15~20%がこの脳血管性認知症だと言われています。 現状、日本人の認知症発症者数は500万人以上はいるといわれてい…



在宅介護の現場で頼りになる訪問看護。利用に当たっては訪問看護指示書が必要

脳梗塞の後遺症を患って在宅で介護をする場合、症状にもよりますが看護師のサポートが必要にもなってきます。在宅介護の現場で看護師の力を借りたいときに利用するのが、介護保険サービスの「訪問看護」です。 病院からの退院後も医療機…



グループホームで訪問看護を受けられる施設なら、健康管理面でも安心して生活できる

脳梗塞や脳出血を原因とする認知症は「脳血管性認知症」と呼ばれています。 いわゆる認知症というと、アルツハイマー型認知症を指す場合が多いです。これは加齢と共に脳内に悪玉タンパク質が蓄積し、それによって脳細胞が破壊され、認知…