Tag: 介護うつ

春先になると発症しやすくなるうつ病。在宅介護の場でも「介護うつ」という病気があります

早いものでもう今年も3月の半ばに差し掛かろうとしています。3月は別れの季節と言われ、これから4月にかけて、人によっては生活環境が大きく変化する時期です。そうした生活環境の変化に心がついていけず、春先の時期は心の病気になり…



在宅介護の介護者を襲う不眠症。ぐっすり眠るにはどうすれば?

在宅介護の介護者には、介護疲れが原因で心身面でさまざまな症状が出てきます。介護うつや腰痛などがその代表例です。 そうした介護者によくある状態・症状の一つが不眠症。夜中にすっきりと眠ることができず、昼間に疲労感が残ってしま…



在宅介護の現場で4人に1人が襲われる介護うつ。「病識」を持つことが大事

脳梗塞の重度の後遺症を患った場合、要介護度も高くなります。要介護者自身の大変さはもちろんですが、介護する側の負担も相当なものになってきます。 私の父も片麻痺になり、後遺症としては決して軽いものではありません。しかし主治医…



介護者の疲れが溜まりやすい今の時期、心身のバランスを崩さないように注意が必要

在宅介護の日々を送っていると、介護者の側は毎日受ける介護ストレス、介護負担に加え、「この先いつまでこの生活を続けるのだろう」とか「介護生活に追われて、私の人生の目標が見えない」といった心の悩みを抱くこともあります。 新入…



女性の介護者が陥りやすい傾向とは・・・「テキパキ主義」で、周囲の評価を気にし過ぎて無理をする

先日は私の実感も含めて男性の介護者が陥りやすいタイプについて触れましたが、調べてみると女性の介護者にもありがちな傾向というものがあると言われていますね。 私は女性ではないので、先日ヘルパーさんが来た時に、女性の介護者が陥…



男性の介護者が抱きがちな「完璧主義」と「根性主義」・・・追求しすぎると、介護疲れで心身の限界にくることも

私は父の介護を始めるまで、家事なんてほとんどしたことがありませんでした。なので介護生活を始める際、介護スキルを身に付けるのと同時に、調理スキルも身に付ける必要がありました。 おそらく40代、50代の男性だと私のような方は…



在宅介護で介護ストレスを軽減する心の持ち方・・・要介護者に過度な期待はせず、今の体の状態を「受け入れる」こと

元気だった頃を思うと・・・ 在宅介護をしていると、介護ストレスが溜まるものです。身体的な疲労もそうですが、天気の良い日に家の中で要介護者の傍でずっと待機しないといけないというのは、「人生を無駄にしているのではないか・・・…



介護ストレスを発散する思考法・・・「~しても良い」、「~ということもある」という考え方

蓄積する介護ストレスとその解消 在宅介護をしているとどしても蓄積する介護ストレス。身体的な不調に加えて焦り、不安、イライラといった精神的な不調もまたストレスによる症状と言えます。しかし実際に介護をしている身としては、まじ…



介護生活の中で疲労が蓄積してきたら、冷静に自分を振り返って、何が疲れの元になっているのか自己カウンセリングをする

疲労が蓄積しがちな在宅介護 在宅介護は介護者と要介護者とがコミュニケーションを取りながら行っていくものです。ただ生活をリードしていくのは、やはり元気な介護者の方になります。要介護者の代わりに制度上の手続きをし、日々の家事…



在宅介護では、日々の生活の中で小さな目標を立て、少しずつ努力を重ねることも大事

生きる目標を見失い、憂鬱になりがちな在宅介護 在宅介護をいざ始めたとき、いつ終わるとも知れない長い介護生活を始めるのかと思うと、ちょっと圧倒されるような気分になったものです。在宅介護を始めてから一か月ほど経ったとき、「こ…