Tag: リハビリ

脳梗塞の後遺症のリハビリとして取り組むことの多い歩行訓練。その方法とコツを紹介

脳梗塞を患い後遺症が残った人は、寝たきりに近い非常に重度な後遺症が残った場合はともかく、そうでない場合はリハビリのために「歩く」というリハビリに取り組む人は多いでしょう。 例えば片麻痺の人の場合、体に合ったつえを使い歩行…



要介護者が寝たきり状態になるかならないかは、介護者の介護方法次第で決まる

親や配偶者の介護をしたことが無い人にとっては、「要介護状態の人=寝たきり」というイメージを持つ人も多いかもしれません。 確かに要介護状態の人とは、身体機能が衰え、日常動作が思うようにできなくなったり、歩行困難になったりす…



リハビリが順調で要介護認定の段階が下がると、利用できる介護サービスの限度が狭まるという事態に直面

脳梗塞で倒れた場合、とにかくリハビリを続けること、努力しようという意識を持つことが大事です。 うちの父も、最近はやや下火にはなったものの、出来るだけ体の可動部分を動かそうという努力は続けています。その頑張りも多少報われ、…



介護環境全体を整えることで、要介護者のリハビリの意欲も向上。介護サービスを活用し、心身をより前向きにしてもらう

退院後もリハビリに取り組むには 脳梗塞や脳出血を患って後遺症が残った場合、病院に入院中はもちろん、退院後もリハビリに取り組むことが求められます。本人のやる気も大事になりますが、その前に、要介護者の家族の側が、リハビリに取…



脳梗塞で要介護状態になった高齢者を介護する場合に注意すべきこと・・・介護の目標をどう考えるか

残存機能に目を向けた介護 脳梗塞を患い後遺症が残ると、これまで問題なくやれていたことができなくなってしまいます。歩く場合に杖や歩行器が必要になったり、声は何とか出ても「言葉」にはならなかったり、顔に麻痺が残ることで上手く…



要介護者の体の状態を受け入れ、共に生活していくという考え方の大切さ・・・介護者の自己満足の介護にならないように

介護を始めた当初は、父にリハビリを強くすすめてばかり 脳梗塞を始めとする脳血管疾患は発症の程度にもよりますが、何らかの後遺症が残ることが多いです。私の父の場合は片麻痺で、車いすが無ければ移動できない体になりました。父自身…



在宅介護では、日々の生活の中で小さな目標を立て、少しずつ努力を重ねることも大事

生きる目標を見失い、憂鬱になりがちな在宅介護 在宅介護をいざ始めたとき、いつ終わるとも知れない長い介護生活を始めるのかと思うと、ちょっと圧倒されるような気分になったものです。在宅介護を始めてから一か月ほど経ったとき、「こ…



脳卒中の後遺症があっても、家族、友人の応援、協力でいきいきとした生活は送れる

後遺症と付き合って生きていく 父は脳梗塞でしたが、脳卒中で倒れた場合、片麻痺や失語症、視力がなくなる、日常基本動作ができなくなるなど、重大な後遺症が残ることは多いです。こうした後遺症は、急性期リハビリ、回復期リハビリによ…



脳梗塞のリハビリは継続が第一・・・リハビリを止めると、身体の可動域がどんどん縮まります

男性に多い脳血管疾患 父もそうなってしまったのですが、脳梗塞で多いのは片麻痺と呼ばれる後遺症で、身体の半身が動かなくなるという症状が出ます。手を上手く動かすことができず、歩くこともできなくなるため、介護がなければ生活が難…



脳梗塞の後遺症を抱えている人も注意すべき廃用症候群。体を動かさないことで寝たきりになる場合も

体を動かさないでいると、筋力は衰える 今年はオリンピックイヤーでしたが、テレビ番組などでもよくアスリートの特集が組まれ放送されていました。そうした番組の中でしばしば耳にしたのは、一日練習を休むとその遅れを取り戻すのに何日…