Tag: ケアマネジャー

脳卒中で親が倒れると、準備不足ゆえに介護離職に追い込まれるリスクが高まる・・・どう対処すべき?

脳梗塞、脳出血は長い入院生活を経て起こるというものではなく、ある日突然に発症することが多い病気。私の父もそうですが、発症直前まで元気に過ごしていて、突然倒れて入院し、そのまま要介護状態に陥るのです。 そうなると起こってく…



在宅介護のストレスからの回避方法・・・人間関係が精神的な負担になった場合

先の見えない在宅介護生活を乗り切っていくには、ストレスをいかに回避するかということもやはり大事。日本人は何かと耐えることが得意だとよく言われますが、介護生活につきまとうストレスを無理に耐えようとすると、心身がパンクしてし…



ケアマネジャーとケアプランの作成の相談をする際の注意事項・・・メモ、スマホを使いながら打ち合わせをする

介護保険サービスを利用する際にはケアプランの作成が必要ですが、そのケアプランの内容を考える上で助けになるのがケアマネジャー。 ケアマネジャーの利用は全額介護保険から給付されます。自己負担額がないのので、いわば無料で利用で…



ケアマネジャーの探し方、選び方について・・・ケアマネの質は在宅介護の質を決める

在宅介護で介護保険サービスを利用する場合、キーマンとなるのがケアマネジャー。 介護保険サービスを利用するにはケアプランの作成が必要になりますが、その際、的確な助言をしてくれる存在として、ケアマネジャーは欠かせません。 私…



社会的な疎外感、孤立感を感じがちな在宅介護生活。様々なサービスを利用することが「出会い」につながる

在宅介護生活は何かと閉鎖的になりがち。一日の生活範囲がほとんど介護の現場ということになると、行動範囲も狭くなり、自然とものの見方や考え方まで窮屈なものになってきます。 要介護者や介護者の友人が気軽に遊びにくることも少なく…



ケアプランの作成における注意点・・・介護者のレスパイトに配慮し、サービスの利用しすぎに注意する

介護保険サービスを利用する場合、必要になるのがケアプランの作成です。 ケアプランは介護保険サービスをいつ、どのくらい利用するかの計画書で、作成したら市区町村の介護保険課に提出する必要があります。サービスを受ける本人または…



通所介護、訪問介護、短期入所の機能を持ち合わせた小規模多機能型居宅介護とは?

介護保険サービスの中には、これまで長く住んできた地域で余生をずっと過ごせることを目的にした、「地域密着型」のサービスが存在します。 その中の一つに「小規模多機能型居宅介護」というサービスがあります。先日、ケアマネジャーと…



在宅介護をする前に知っておきたい介護保険制度の仕組みとケアプラン

私も父が倒れるまで在宅介護のことはよく分からなかったのですが、介護を始めるに当たって最もややこしいと感じたのは介護保険制度のこと。 要介護認定の申請のこともさることながら、ケアマネジャーと相談してケアプランを作成するとい…



訪問介護事業所との契約に際して注意すべきこと・・・契約内容のチェックポイントとは?

在宅介護生活の様々なサポートをしてくれる訪問介護、ホームヘルパーさんは、介護者にとって多いに助けになる存在です。 身体介護をしてくれること自体で助けになることもさることながら、ともすると孤立気味になる在宅介護において、週…



要介護認定の段階は、病気の種類ではなく、「介護の手間」によって決まる

65歳以上で脳梗塞を患って大きな麻痺が残った場合、介護保険の要介護認定を申請するというのがやはり定石になるでしょう。 ホームヘルパーを利用すれば介護者の介護負担は一気に軽減できますし、デイサービスに通って体を動かすことで…