Monthly archives: 8月, 2017

脳梗塞の後遺症のリハビリとして取り組むことの多い歩行訓練。その方法とコツを紹介

脳梗塞を患い後遺症が残った人は、寝たきりに近い非常に重度な後遺症が残った場合はともかく、そうでない場合はリハビリのために「歩く」というリハビリに取り組む人は多いでしょう。 例えば片麻痺の人の場合、体に合ったつえを使い歩行…



脳梗塞など後遺症が残る病の場合、入院中に病院退院後の準備をしっかり整える必要があります

父は脳梗塞で入院し、退院し自宅に戻ってから在宅介護生活を始めました。しかし今にして思えば、何もかも初めてのことで、しかも私自身十分に対策をとっていなかったこともあって、何もかもてんやわんやという感じでした。 病院を退院し…



浦安市の老人ホームの最新情報を紹介。夢と魔法の王国周辺の老人ホーム事情とは?

浦安市というと、東京ディズニーランドのことが真っ先に脳裏に浮かぶ人は多いでしょう。市の南西に位置し、平日休日問わず大勢の人が訪れています。 ただ市の北東部は住宅、マンションが広がり、特に東京都心までの交通アクセスの良さか…



かかりつけ医は在宅介護をしている世帯の心強いサポーター・・・地域包括ケアの担い手としても期待されている

在宅介護をしている世帯にとって、要介護者の「かかりつけ医」は非常に重要な存在。 かかりつけ医といっても正式に登録するようなものではなく(一部の国では登録制だそうですが)、「いつも家族がお世話になっている医師」、「何かあっ…



稲毛区の老人ホームを探す際のポイント・・・特養及び有料老人ホームの空き室情報

千葉市稲毛区は人口は約16万人、高齢化率は24.3%なので、高齢者人口は約4万人。千葉市内では最も人口密度の高い区ですが、高齢者の方がその中で大勢生活しているわけです。 区内には千葉大学をはじめ教育機関が多く、市内6区の…



要介護者が寝たきり状態になるかならないかは、介護者の介護方法次第で決まる

親や配偶者の介護をしたことが無い人にとっては、「要介護状態の人=寝たきり」というイメージを持つ人も多いかもしれません。 確かに要介護状態の人とは、身体機能が衰え、日常動作が思うようにできなくなったり、歩行困難になったりす…



介護する側の健康状態が在宅介護生活における要(かなめ)。体調に異常を感じたら速やかに病院へ

在宅介護をしていると、とかく気になるのはやはり要介護者の体の状態。 私も毎朝父の健康状態をチェックし、熱が無いか、血圧はどうか、だるそうな顔をしていないかなど色々と調べます。もし異常があれば主治医に相談し、対処法を相談す…



中央区の老人ホームの現状を調査。特養の施設数、有料老人ホームの立地状況を紹介

東京都中央区は東京23区の中では、千代田区に次いで人口が少ない区。千代田区が人口約6万人、中央区が約15万人です。両区とも人が住む区というよりも、何か用事のために訪問する場所、働くために通う場所という性格が強いです。 最…



老人ホームの見学時のチェック事項は・・・施設全体の間取り、居室、食事、浴室は最低限しっかりと確認

父については、老人ホームへの入居までは今のところ真剣に検討はしていません。 しかし介護者である私が倒れてしまったり、父が認知症を発症して重症化し、私の手に負えなくなってしまったりしたら、入居を考える必要も出てくるでしょう…



身内が脳梗塞で倒れた場合の救急車の呼び方・・・慌てずに冷静に対処することが大事

もし身内が脳梗塞で倒れたとき、慌てずに速やかに救急車を呼ぶことが必要になります。 いざ救急車を呼び出すという時、特にそれまで一度も呼んだことがないという場合、少なからず躊躇するかもしれません。何しろ、家が密集する地域や集…