Monthly archives: 2月, 2017

要介護者に食事をおいしく食べてもらうための工夫・・・低栄養状態になるのを防ぐために

加齢と共に落ちる食欲 高齢になると、若い頃よりも基礎代謝量も減少し、胃腸の働きも弱まっていきます。下手に無理に食べるとお腹を壊すことにもなるので、食べる量をしっかり調整し、食べ過ぎないようにすることが大事です。 だからと…



在宅介護で、介護者が体調不良で倒れた場合どうするか・・・速やかにケアマネジャーに相談を

介護者が体調を崩した時は 今年も3月が近づき、春がそう遠くないところまで来ました。在宅介護をしている身としては暖かくなる春の到来は待ち遠しくて仕方ありません。子供の頃は、雪が降ると大喜びしていたものですが、今や雪が降ると…



若葉で老人ホームを選ぶ際のポイントは・・・区の北西部に立地が集中。費用面でお得な施設も多い

北西部に繁華街が集中する若葉区 若葉区は千葉市東部に位置し、北西から南東にかけて伸びる少し細長い区です。区の北西部は高度成長期の頃から宅地造成が進み、JR都賀駅を中心に商業施設が多く立地しています。JR沿線が栄えている区…



二人暮らしの在宅介護生活での悩み・・・介護者の側が「自分の病気や介護」で悩んでいるという実態

「共倒れ」だけは避けたい 在宅介護をしながら日々生活している私ですが、もう40代半ばを過ぎ、立派な中高年世代となっています。日々忙しく過ごす中父自身の体調もさることながら、私自身いつ病気になったり、怪我をしたりするか分か…



介護ストレスを発散する思考法・・・「~しても良い」、「~ということもある」という考え方

蓄積する介護ストレスとその解消 在宅介護をしているとどしても蓄積する介護ストレス。身体的な不調に加えて焦り、不安、イライラといった精神的な不調もまたストレスによる症状と言えます。しかし実際に介護をしている身としては、まじ…



稲毛で老人ホームを選ぶ場合の注目点・・・稲毛駅は総武線快速が停まるので、都内在住の方も入居しやすい

都内からの交通の便が良い稲毛区 千葉市稲毛区は市内六区の中でも面積が狭い方ですが、住宅が密集し多くの人が住んでいます。人口密度は千葉市全体の2倍以上あり、それだけ狭い土地に人が集中して住んでいるわけです。 その人口密度が…



脳梗塞で非常に重い後遺症が残った場合の介護のポイント・・・寝たきりで意思疎通も十分に出来ない場合は

最重度の後遺症が残った場合の介護 私の父は脳梗塞の後遺症としてはいわゆる片麻痺の状態で、常時介護者が必要な状態です。食事やトイレも私のサポートがないとできないので、後遺症の程度としてはかなり重い方になるかと思います。 た…



在宅介護でもできるタッチセラピー。直接体に触れることで要介護者の心を鎮める

ある日を境に急に体が動かなくなったら・・・ 父くらいに脳梗塞の後遺症が大きく残ると、離床も自由にできず、ベッドの上で過ごす時間がどうしても長くなります。車いすでの移動もできなくはないですし、今のような冬の時期に外を車いす…



杉並の老人ホームを選ぶ際の注目点・・・高級介護付有料老人ホームが揃い、経済的に余裕のある人におススメの施設がたくさん

緑地の多い杉並区 杉並区は江戸時代の頃は田畑が広がり、明治になってからもその状況が続いていたと言います。それが大正時代になって中央線の高円寺駅、阿佐ヶ谷駅などが開業するに至り、住宅地としてたくさんの人が流入するようになっ…



脳梗塞中度~重度で倒れた人を介護する際の注意点・・・食事の介助、排せつの介助のポイントとは

脳梗塞の後遺症の程度によって、介護のポイントも変わります 父は脳梗塞で倒れ、大きな半身まひの後遺症が残っています。もう少し軽い後遺症ならばよかったのですが、私の介助がないと食事や排せつも満足にできないという状態です。 軽…