Monthly archives: 8月, 2016

在宅介護生活で多い昼夜逆転の現象。普段からのちょっとした工夫で、体内時計を元に戻せる

昼に寝て、夜に目が覚めがちな父 父も体の麻痺が大きく残っているので、普段の生活の場はベッドの上ということになります。外出の場合などは車椅子に移乗して移動しますが、それ以外のことはほぼベッドで行うという形です。 やはり普段…



肉類を摂取することが高齢者の健康維持につながる・・・年だからといって、食べなくなるのは良くない

低栄養状態になりやすい高齢者 高齢化が進む日本社会ですが、近年、高齢者の栄養不足ということがよく指摘されるようになっています。 特にタンパク質不足が顕著だと言われていますね。血中のタンパク質が不足する症状のことは低アルブ…



老人ホームで機能訓練に頑張りたいなら、見学時に機能訓練室の状態をしっかりと見定めましょう

ベッドから車椅子に移乗できるかが一つの分岐点 機能訓練というと、体の部位を回復するリハビリよりもさらに一歩現実的な、日常動作の訓練を含みます。父のような脳梗塞で重い麻痺が残ってしまった人の場合、一つポイントになってくるの…



介護ベッドを使わず、畳に布団を敷いて介護生活を送ることにも、メリットはあるようです

介護ベッドには危険な一面も 父の在宅介護生活では、介護保険の福祉用語貸与というサービスを利用して介護ベッドを使っています。介護ベッドがあることで、介護生活が楽になるのは間違いありません。 しかしながら一方で、ベッドにはベ…



水道水とウォーターサーバー・宅配水のどちらが良いのか?東京都は水道水のおいしさをアピールしてますが・・・

生活を支える「水」 私の住む関東地方では、昨日の台風で大きな被害が出てしまいました。今日になって天候の方は落ち着きましたが、まだまだ一部電車が運休するなど、混乱は続いています。 そんな中、今日もまた30度を超える気温にな…



老人ホームのランキングをみると、口コミで高評価を得ている施設の特徴が分かります

老人ホームの口コミに書かれている施設の長所に目を向ける この間のブログでは老人ホームの口コミについて触れましたが、やはり実際に施設を探す、選ぶという場合、なんだかんだで人の意見というのは気になるものです。 でも口コミを見…



脳梗塞の前兆である一過性脳虚血発作。症状が疑われたら、速やかに病院に行くべき

脳梗塞の前触れを見逃さない 脳梗塞という病気は発症するまでにいろいろな前兆が見られるようで、それを上手く掴み、速やかに病院に行っていれば、大事に至る前に発病を食い止められる可能性があるようです。 私は父が脳梗塞で倒れるま…



在宅介護をしている場合、要介護の高齢者の熱中症に注意。水分不足だと脳梗塞も起こりやすくなる

まだまだ暑い日は続く 8月も半ばをすぎましたが、まだまだ夏の暑さは本番といったところです。特に今日は、関東地方は台風一過のあとで気温が急上昇し、各地で今年の最高気温を記録したようです。 それと同時に起こるのが熱中症です。…



老人ホームの口コミを参考にすると、パンフレット、ホームページにはない情報を得られます

脳梗塞を患った人が老人ホームを探すなら 看護師が常駐しているか、リハビリ設備が整っているか、理学療法士の指導を受けられるか・・・脳梗塞の後遺症で苦しむ父のような人が老人ホームを探す場合、やはりそういったことを選ぶ条件に考…



ショートステイに要介護者を入居させると、体調を崩したり、褥瘡を作ってしまう場合もあるようで・・・

ショートステイに入って体の調子がおかしくなることも 先日来、ケアマネジャーに教わったショートステイのことを紹介しています。上手く活用すれば介護者の介護負担を減らし、介護ストレスを解消する手段として使える非常に頼もしい施設…