Category: 健康維持

介護の肩こりを解消するにはどうすれば・・・定期的にストレッチ、マッサージをしっかりと

在宅介護は体力勝負の面があるので、よくやってしまうのが肩こりや腰痛など体の節々の痛み。介護職の人も体の各所にガタが来るのは職業病のようで、ネット上でも痛みに苦しむ声をよく見かけます。 私も父の介護の中でけっこう肩こりがひ…



オシャレに関心を持つことが介護予防につながる⁉ 身なりを整えることは社会参加の意欲になる

先日、今年の4月から公立小学校がアルマーニの制服を採用することを決め、大きな反響を呼んでいます。何と一通りそろえると9万円もかかるそうで、ちょっとびっくりです。 公立小学校とは言え、場所は東京中央区銀座にある小学校。銀座…



同居する家族が認知症になった時、どのようにそれを受け入れればよいのか?

認知症には多数種類がありますが、多いのがアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症。脳血管性認知症は脳梗塞を理由として発症する認知症ですから。父のような一度脳梗塞になった人は再発率も高いので、私も決して油…



肺炎球菌と誤嚥性肺炎の関係・・・高齢者の命を奪う恐ろしい組み合わせ

これからの季節、在宅介護を受けている高齢者が気を付けないといけないのが肺炎。 現在、肺炎は日本人の死因の第三位。特に高齢者が多く発症し、毎年多くの人が肺炎によって命を落としています。 しかしなぜ高齢者がこれほど肺炎を発症…



地域に住む高齢者の介護予防に、大きな役割を果たすと期待されている「自主グループ」

現在、全国の自治体で導入が行われているのが介護予防・日常生活支援総合事業(以下総合事業)という取り組み。これは厚労省の肝いりによる「地域包括ケア」の一環として行われているもので、地域に住む高齢者を医療、介護、介護予防、住…



脳梗塞の後遺症を患っている場合、転倒に要注意・・・家の中での転倒が非常に多い

うちの父もそうですが、脳梗塞の後遺症により在宅介護を受けている場合、危険度が増すのが「転倒」。父の場合はベッドから車いす、ポータブルトイレ等への移譲の時が、最もリスクが高い瞬間。介護する私としても、最も緊張する時だとも言…



70代の高齢者の方が、20代よりも外出しているとの調査結果が発表。この結果の背景にあるものとは?

先日、ネットニュースで興味深い記事を読みました。それは、20代の外出頻度が、70代よりも低いという調査結果です。 20代はまだ気力、体力ともに旺盛で、高齢世代の70代よりも外で元気に活動しそうなものですが・・・実態はそう…



90歳以上が200万人を突破・・・90代でも心身状態を健康に保つにはどうすれば?

毎年敬老の日を迎えると、総務省が高齢者人口の現在について公表します。例年何かしらの話題となるポイントがあるのですが、今年の場合はどうやら90歳以上が初めて200万人を超えたという点のようです。 しかし同じ90代でも、元気…